毛穴の種類と広がる原因

皮膚に侵入して髪の毛の根元を包む組織は毛包と呼ばれ、通常は毛穴と呼ばれます。人間の場合、妊娠約6ヶ月で全身の毛穴が塞がれると言われています。さまざまな種類の毛穴の中で、軟毛が成長する顔と頭の毛穴は、軟毛濾胞と呼ばれます。あごひげや髪の毛が生える顔や頭には、硬毛包と呼ばれる毛穴もあります。それから、生毛が生える毛穴があり、大きな皮脂腺があり、大量の皮脂を分泌する毛穴もあります。顔以外は胸の前と後ろの中央にあり、皮脂毛包と呼ばれています。毛穴の数は大人も子供も同じで、性別による違いは少なく、顔だけでも20万本あります。ただし、個人差があり、毛包の数も単位面積ごとに大きく異なります。脂性肌の方は毛穴数が多いと思われますが、それとは関係ありません。毛穴の入り口が大きく、皮脂を積極的に分泌する皮脂毛包が顔に豊富に含まれているため、顔の毛穴が見やすくなっています。毛穴が大きくなる理由は、皮脂が過剰に分泌されることと、鼻の周りなど皮脂が多く分泌される部分の毛穴に見られる小さなケラチンプラグが突き出ていることです。老廃物である死んだ皮膚細胞で毛穴が詰まると、毛穴が拡大・拡張し、毛穴の拡大の原因となります。スピアージェの評判