為替変動の理由

国家間の為替レートである為替レートは、取引が行われている限り変動し続けます。市場に出回っている通貨の為替レートは、その通貨の需要と供給のバランスによって決まります。多くの人が一方の通貨を欲しがり、もう一方の通貨が不要になった場合、人々は不要になった通貨を売りたい通貨を購入します。この時点で、必要な通貨の価値が上がるため、交換比率が変動します。需要が多い通貨の価値は増加し、不要な通貨の価値は減少します。価値は、外国為替市場だけでなく、実際の商品の売買においても、販売するものと購入するものとの権力関係によって変動します。通貨の場合、基本的な要因は、需要と供給のバランスに大きな影響を与える要因の1つです。これは、その国の経済成長率、労働生産性の伸び、卸売価格などです。そして、その国の基本的な経済力を示しています。お金の価値が上昇している国はそのような数が多く、より良い成長の可能性があると期待されています。一方、大手自動車会社の輸出決済や海外会社の買収により一時的に巨額の外貨が変動した場合、一時的に為替レートが変動します。これは実際の需要率と呼ばれ、市場価格が経済の動きによって引き起こされる外貨の動きに関連している場合です。経済だけでなく、大規模な自然災害や事故、政治的変化、指導者の交代などの政治的要因も為替レートの変動を引き起こす要因です。経済に影響を与える可能性のあるものはすべて、通貨変動の要因となる可能性があります。戦争は何よりも最高です。たとえば、市場には「ドルの緊急購入」というフレーズがあります。ことわざにあるように、自然災害、国家間の戦争、紛争が世界のどこかで発生した場合、ドルが必要になり、価値が高まることを示しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA