永代供養墓

永代供養墓という言葉を聞かれた方も多いと思います。永代供養墓とは何でしょうか。お墓参りをしたくてもできない人はたくさんいます。例えば仕事が忙しくていくことができないとか、また遠くて頻繁に足を運ぶことができないという人もいます。あるいは何らかの事情でお墓参りをしてくれる人がいないというケースもあります。そのような場合お寺が長い期間にわたって供養と管理をするお墓のことをいいます。永代供養墓は、どのように発音するのでしょうか。「えいたいくようばか」あるいは「えいたいくようぼ」と発音します。これは、他の人と一緒に安置されます。一緒の墓あるいは納骨室に納められます。そのため合同墓、集合墓というように呼ばれることもあります。一般のお墓とはどのように違うのでしょうか。一般のお墓の場合にはそのお墓の子どもや孫あるいは親戚が管理します。しかし、お寺が供養と管理をするという面で一般のお墓とは異なります。また一般のお墓の場合には当然立てるために様々な費用がかかります。しかし永代供養墓の場合には40万円から50万円が相場となっています。費用が安いという面においても異なっています。そして、このお墓には一式料金というものがありますが、この料金を払うならばその後一切費用がかからないというのも特徴といえるでしょう。通常ですと管理費やお布施、寄付金といったものをお寺に払わなければなりませんが、そうする必要はありません。永代供養墓にはそのような特徴があります。トイサブの評判